金沢市 K様 | (株)アミザワルーフ|石川で屋根修理するなら 金沢市 K様 – (株)アミザワルーフ|石川で屋根修理するなら

施工事例
カバー工法

一覧に戻る

カバー工法

金沢市 K様

施工前

コロニアルの色落ちがひどく、板金類は錆びてしまっていました。

コロニアルの色落ちがひどく、板金類は錆びてしまっていました。

施工中

既存雪止め金具と棟板金を撤去し、スターター役物を取付けていきます。

急勾配のため、防水紙は貼らずに本体をかぶせていきます。

既存コロニアルと二重張りになっているのがわかると思います。

妻側に捨て水切りを施し、葺いていきます。

妻側の役物を取付けていきます。1枚1枚独立タイプです。

棟板金をかぶせて完了です。

施工後

これで、割れや色落ちの心配がなくなりました。ずいぶんと高級感が出たように思います。

下屋もカバーしました。壁際の取り合いも問題なく納まりました。

工事日数:7日  工事費用:¥1,750,000(足場代・消費税込み)

お客様からの声

今までと全く見栄えが変わり、立派になったので大変満足しております。元々は、棟の板金が強風で飛ばされ、雨漏りしていたのがキッカケでお問い合わせしました。
丁寧なご説明だったので納得して工事をお任せすることができました。本当にありがとうございました。

担当者の声

お問い合わせをいただき現場を見に行くと、コロニアルの色落ちがはげしく、板金類も真っ赤に錆びていて、大々的なリフォームが必要な状態でした。
初めは既存のコロニアル屋根をまくっての葺き替えを希望されましたが、既存コロニアルにはアスベストが入っていて処分費が高額になる事、まくらなくても二重貼りが可能な事をご説明し、カバー工法でのご提案をさせていただきました。今回、使っていただいたのは、天然石付き鋼板屋根材(スカイメタルルーフ)です。
屋根の勾配が急だったので、今回は下葺き(防水紙貼り)は省きました。既存コロニアルの下にも元々の防水紙が貼ってあるので問題はありません。施工後は完成に満足いただき、こちらも嬉しくなりました。

〒920-0275 石川県河北郡内灘町字旭ケ丘24 TEL:076-238-0133

Copyright © 株式会社 アミザワルーフ. All Rights Reserved.

pagetotop
pagetotop
pagetotop