棟からの雨漏り | (株)アミザワルーフ|石川で屋根修理するなら 棟からの雨漏り – (株)アミザワルーフ|石川で屋根修理するなら

施工事例
雨もり

一覧に戻る

雨漏り

施工前

一見、問題なさそうに見えた棟ですが、雨が入っていました。

外からは判断できないほどですが、棟から雨漏りしていました。

施工中

棟を解体してみると、土台に問題がありました。

土台の量が中途半端で、ところどころ凹凸が出来ていたため、結露等の水の抜け道がありませんでした。

既存の土台を全て解体したところです。

新たに土台をやり直します。

土台にもある程度の勾配を付け、漆喰を塗ります。

のし瓦の銅線を取替え、積み直していきます。

施工後

元通りの段数を積み上げ完了。これで安心です。

冠瓦を銅線緊結からステンレスビス留めに変えたので強度も増しました。

工事日数:日  工事費用:¥

お客様からの声

担当者の声

雨漏りがキッカケでお問い合わせいただきました。家の中から雨漏り箇所を教えていただいたら、ちょうど棟瓦の位置でした。棟から直接雨漏りするケースは珍しいので、正直半信半疑で外から棟を調べました。漆喰も塗ってあり、棟瓦も見た感じはおかしい所は見当たりませんでしたが、棟の下の瓦をめくると雨漏りの跡がありました。棟内部に何らかの原因があるのは間違いなさそうですが、実際のところは棟を解体してみないと分かりません。非常に稀なケースだという事をご説明して、棟瓦を積み直すことになりました。もちろん、事前に見積書はお出しします。解体してみると、雨漏りの原因が分かりました。1番下の棟瓦を外してみると土台との間に大きなくぼみがあり、棟内部で結露した水が土台のヘリに溜まったまま、うまく排水されずに棟内部に侵入していました。いわゆる不適切施工ですが、さすがにこれでは外からの判断は難しいはずでした。このように、雨漏りの原因は多種多様です。アミザワルーフでは現地調査から、診断・ご説明・見積書提出・工事までお客様の納得できる形で進めてまいりますので安心してお問い合わせください。

〒920-0275 石川県河北郡内灘町字旭ケ丘24 TEL:076-238-0133

Copyright © 株式会社 アミザワルーフ. All Rights Reserved.

pagetotop
pagetotop
pagetotop