棟からの雨漏り | (株)アミザワルーフ|石川で屋根修理するなら 棟からの雨漏り – (株)アミザワルーフ|石川で屋根修理するなら

施工事例
雨もり

一覧に戻る

雨漏り

施工前

見た目には棟がズレているだけに見えますが、雨漏りしていました。

破風板の付け根の板金が当たっている部分が原因です。

施工中

予想通り、屋根下地が棟の中まで飲み込んでいました。

水が伝わらないように手前で切断します。

タテ方向にもノコ目を入れます。

板金を挟み込み、水が中に入らない様にします。

奥で板金を折り返し、瓦を戻します。

棟を積み直します。

施工後

これで完了です。

これで雨が伝って入る心配はなくなりました。

工事日数:日  工事費用:¥

お客様からの声

担当者の声

やはり雨漏りがキッカケでお問い合わせいただきました。家の中から雨漏り箇所を教えていただき、棟瓦の付け根だと確信しました。外からはその判断が難しい場所ですが、長年の経験からこの場所で間違いないと思いました。このお宅も古いお宅でしたが、当時の職人が『雨水はどういう風に流れていくか』というのをよく考えないで施工した仕事でした。それが原因で、普通の雨なら大丈夫なのですが、(雨風時)風向きによって棟の内部にまで雨水が入り込んでいました。これらの判断、修理はある程度の経験を積まないと難しい事です。アミザワルーフではベテランの職人も多数揃えておりますので、どんな事でもお気軽にお問い合わせください。

〒920-0275 石川県河北郡内灘町字旭ケ丘24 TEL:076-238-0133

Copyright © 株式会社 アミザワルーフ. All Rights Reserved.

pagetotop
pagetotop
pagetotop